お腹に残る妊娠線は予防クリームで消すことが可能

出産しても綺麗なお腹

女性

綺麗なお腹には保湿が大切

妊娠してお腹が大きくなりすぎたときに妊娠線というものができます。一度出来てしまった妊娠線は普通にしていて消えるものではありません。出来る前に予防することが大切です。その為に妊娠線の予防クリームを塗ることです。今では沢山の予防クリームが発売されています。妊娠中は肌が敏感になっているので自分の肌に合ったものを探すのがいいでしょう。一番いいのはサンプルがあるものを一度使ってみて自分に合ったものを見極めるのが良いでしょう。肌の弱い人は特にきちんと成分を見て肌に低刺激のものを選ぶことが大切です。そして、塗り方も大切です。予防クリームとは簡単に言えば保湿です。保湿をしてひび割れを防ぎます。お腹の下の部分に妊娠線ができる方が多いのですが、妊娠後期になってくると見えないので見落としてしまう方が多いです。たっぷりの予防クリームをお腹全体に円を描くように塗りましょう。そして、お風呂上がりだけで良いと考えている方は間違いです。妊娠中は乾燥しやすいので、こまめに塗りましょう。適当にクリームを大量に塗るのではなく、塗りこむことが大切です。しかし、お腹をあまり刺激しすぎると赤ちゃんに良くないですし、お腹も張ってきてしまいますので、ほどほどにしておきましょう。妊娠線は臨月になり体重増加が激しくなったときに出来ることが多いです。毎日塗ってるから平気というわけではなく、日頃から体重管理や妊娠線の兆候がないか鏡などで確認することが大切です。